For Want Of A Better Word

[AWS]基本事項メモ

      2017/06/05

 

 

 

IPアドレスについて

なにも考えず使い始めると、IPアドレス、ならびにパブリックDNS名が割り振られて、それでインスタンスにアクセスすることになる。

しかし、このIPとパブリックDNSは、サーバーの停止の際に開放されてしまい、再度起動した際には別の名前・IPが割り振られる。(停止・起動をまとめておこなうrebootの場合は大丈夫。)

 

その対策として、ElasticIPとして、固定IPを割り振ることが出来る。

手順はシンプルで左メニューからIPを確保し、インスタンスに紐付けるだけ。

 

■ElasticIPの料金について

気になる料金は、インスタンスに一つ紐づいているものは無料となる。未使用で確保している場合は課金されるので、ちゃんと開放の手続きが必要。

■参考リンク

https://www.agilegroup.co.jp/technote/ec2-elastic-ips.html

AWS EC2インスタンスにElastic IP(固定グローバルIPアドレス)を割り当てる

 

FWについて

セキュリティグループで実現される。ホスト毎にIP、ポートレベルでのアクセス制御が可能。

■TODO:

  1. プライベートアドレスでのアクセス制御。
  2. エラー画面の変更などはできる?

 

 - インフラ, クラウド

  関連記事

【インフラ】Docker調査①

調査メモ…     Contents1 Dock …

oom-killerについて

oom-killerとは [参考]http://itpro.nikkeibp.c …

メモ_webサーバーログをmysqlにぶち込む_(簡易アクセスデータ取得ツール\1)

webサーバーに透過gifをおいて、ウェブサイトアクセス時に該当gifにパラメー …

[php]mail()の送信元、エラー送信先設定(from, return-path)

ちょっと整理。 設定例 [crayon-5bcec9af9220c7022430 …

mauticを動かすまでにやったこと

①サーバーの用意とMauticのインストール 下記サイト参照でほぼOK http …