For Want Of A Better Word

[インフラ][vmware]cent redhat 7系 HDD容量追加作業

      2016/11/17

手順はほぼここでOKでした

VMwareのゲストOS(CentOS6.4)のディスク容量を増やす方法

ちょっとメモとCentOS7では違ったところだけメモ。

メモ

■流れ

  • vmwareでhdd増設⇒再起動
  • fdisk /dev/sdaで増設したディスクを使ったパーティションを作成⇒再起動
  • LVM周りとファイルシステムのリサイズ

トータル2回の再起動が必要。vmwareでの増設は活性でOK。ただし、増設を認識させるのに再起動が必要。また「fdisk -l」でパーティションを追加した後も再起動が必要。

■fdisk -l の見方

1行目がトータルで使える容量 とsector番号。vmware増設後はここが増えていることを確認。

「fdisk /dev/sda」はsda3をここに追加するイメージ。指定は容量ではなくてブロックの開始位置と終了位置になるが、空きがあれば、自働で判定してくれる。

■lvextend -L でのLVMのrootパーティション名の確認

「/dev/mapper/rhel-root」のrhel-rootを

「/dev/rhel/root」と読み直せばOK

※rhelはredhatだからかな。

■lvextend -L での追加可能容量の確認

vgdisplayで表示される「PE Size」と 「Free  PE / Size 」を掛けたもの

CentOSで違った所

最後の「リサイズ」の際に、「 xfs_grows」を使う。

 

 - インフラ, 仮想サーバー

  関連記事

[php]mail()の送信元、エラー送信先設定(from, return-path)

ちょっと整理。 設定例 [crayon-5b2ebdd02e83f9386937 …

[Linux][MT]負荷の高いプロセスの詳細の調べ方

MovableTypeを運用していて、やたらサーバーの負荷が高くなったことがあっ …

CentOSをインストールしたときにいつも最初にやること(apache mysql phpのインストール)

SElinuxの無効化 iptableの無効化 apacheのインストール・自動 …

[linux][sh]アパッチのアクセスログからアクセス数の確認_簡易版

gaとかを仕込んで無いサイトでPVを確認したい、という要望あり。 アクセスログが …

Vmware Player5.0でNat + ポートフォワードで外部から接続可能にする。

最初はwindowsに仮想サーバーを立てたかっただけ。 windowsVirtu …