For Want Of A Better Word

[インフラ][vmware]cent redhat 7系 HDD容量追加作業

      2016/11/17

手順はほぼここでOKでした

VMwareのゲストOS(CentOS6.4)のディスク容量を増やす方法

ちょっとメモとCentOS7では違ったところだけメモ。

メモ

■流れ

  • vmwareでhdd増設⇒再起動
  • fdisk /dev/sdaで増設したディスクを使ったパーティションを作成⇒再起動
  • LVM周りとファイルシステムのリサイズ

トータル2回の再起動が必要。vmwareでの増設は活性でOK。ただし、増設を認識させるのに再起動が必要。また「fdisk -l」でパーティションを追加した後も再起動が必要。

■fdisk -l の見方

1行目がトータルで使える容量 とsector番号。vmware増設後はここが増えていることを確認。

「fdisk /dev/sda」はsda3をここに追加するイメージ。指定は容量ではなくてブロックの開始位置と終了位置になるが、空きがあれば、自働で判定してくれる。

■lvextend -L でのLVMのrootパーティション名の確認

「/dev/mapper/rhel-root」のrhel-rootを

「/dev/rhel/root」と読み直せばOK

※rhelはredhatだからかな。

■lvextend -L での追加可能容量の確認

vgdisplayで表示される「PE Size」と 「Free  PE / Size 」を掛けたもの

CentOSで違った所

最後の「リサイズ」の際に、「 xfs_grows」を使う。

 

 - インフラ, 仮想サーバー

  関連記事

nagios cacti munin 監視ツールがいっぱい

自社環境で、上記3つの監視ツールが使われている。。 それぞれ何が違うのかが、いま …

メモSSLのネームベースバーチャルホスト

メモメモ できなかったらしい。確かにそんな記憶はある。 理由は覚えてないけど。 …

SSL・サーバー証明書・クライアント証明書の整理

なんかごちゃごちゃしてきたので整理。 ・SSL ・サーバー証明書 ・クライアント …

メールサーバーとMTAの違い

メール転送エージェント – Wikipedia メール配送エージェン …

mauticを動かすまでにやったこと

①サーバーの用意とMauticのインストール 下記サイト参照でほぼOK http …