For Want Of A Better Word

mauticを動かすまでにやったこと

      2017/06/06

①サーバーの用意とMauticのインストール

下記サイト参照でほぼOK

http://qiita.com/bezeklik/items/3cd61156367909e31421

OSはCentOS7

 

③CORSの設定

mauticをインストールしたサーバーがトラッキング対象と別サーバーだと、ajaxでのクロスサイトアクセスを許可する設定が必要。

mauticサーバー側に下記.htaccessの記述を追加

 

④https環境トラッキング用の設定

サブドメインのDNSの登録と、Let’sEncryptによる無料SSL証明書の取得。

手順はLet’sEncryptの設定は下記サイト参考。

http://weblabo.oscasierra.net/letsencrypt-2/

⑤タグからカスタムフィールドの取得(ユーザー属性値をセット)

管理画面でカスタムフィールド作成。

「パブリックから更新」をOKにして

タグは下記のようにカスタマイズ。

 

IPと地域のデータ取得

app/cache/ip_data以下に下記ファイルを配置。

※コンタクトのIPから、地域データが見られるようになる。

 

 

◆取得元

GeoLite2 Free Downloadable Databases

ディレクトリのパーミッション設定(問題あったところだけ)

・Upgrade時は下記フォルダを作成し、apacheの書き込み権限を上げる。

・ダッシュボードテーマのインポート用に下記フォルダに書き込み権限を与える。

課題

 

管理系へのアクセスの制御をIPベースで絞りたい…

下記設定ではキューは入るが、イベント名が取れてなかったりちらほら上手くいかない。

 

解決!!

/s/login,/s/login_checkのアクセスを制御するつもりで、<LocationMatch>を利用することに。(ファイル実体がないのでlocationでurlを制御。)

で、.htaccessに記載してもだめだったので、conf.d/mautic.confに下記を記載

無事、外部からログイン周りにアクセスできないし、データは引き続き取得できた。

アクセス制御範囲が心配だけど。。

 

 - アクセス解析, インフラ

  関連記事

centos swap領域の増設

やたらメモリ不足に陥るサーバーがあるので、メモリ増設に加えて一応swapも追加す …

[AWS]基本事項メモ

      IPアドレスについて なにも考えず使い …

[php]mail()の送信元、エラー送信先設定(from, return-path)

ちょっと整理。 設定例 [crayon-597541382be271229928 …

ハウジング・ホスティング・レンタル・VPS・クラウド違い

ハウジングサービス 顧客の通信機器や情報発信用のコンピュータ(サーバ)などを、自 …

NATとIPマスカレードとポートフォワーディングの意味整理

NATとは プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスを変換する。プライベ …