For Want Of A Better Word

【Linux】【Postfix】メモ

   

送信したのに届かない。return-path等設定

・送信statusはsentなのに届かない。スパム扱いされている?return-pathがデフォルトとかだと、よく弾かれるので、下記設定。

 

・システムで送信したとき、送信元アドレスのドメインがうまくないときがあるので、その調整は下記。

 

最終的に、myoriginの値を変更できればよいが、

固定値でも良いし、$myhostname,$mydomainとかを設定してもよひ。

 

外部から送信できないとき

Postfix で 外部からメールを送信できないときにチェックすること | レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
※iptableとかselinuxとかはoff済み

$vim main.cf

 

 - linux

  関連記事

【linux】cronのログ出力制御

標準出力、エラー出力を特定ログファイルに出す。 [crayon-592a20a5 …

【LInux】何日か分のファイルを残す。何日より古いファイルは消す

バックアップなんかで良く使う。   find /root/test/ …

Linux 立ち上がっているサービス 空いているポートを確認する。

■立ち上がっているサービスの状態確認 コマンド [crayon-592a20a5 …

logwatchまとめ

ssh ①Postponed authentication 下記のログが出力され …

centos swap領域の増設

やたらメモリ不足に陥るサーバーがあるので、メモリ増設に加えて一応swapも追加す …