For Want Of A Better Word

【Linux】【Postfix】メモ

   

送信したのに届かない。return-path等設定

・送信statusはsentなのに届かない。スパム扱いされている?return-pathがデフォルトとかだと、よく弾かれるので、下記設定。

 

・システムで送信したとき、送信元アドレスのドメインがうまくないときがあるので、その調整は下記。

 

最終的に、myoriginの値を変更できればよいが、

固定値でも良いし、$myhostname,$mydomainとかを設定してもよひ。

 

外部から送信できないとき

Postfix で 外部からメールを送信できないときにチェックすること | レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
※iptableとかselinuxとかはoff済み

$vim main.cf

 

 - linux

  関連記事

centos_logo
古いバージョンのPHP環境の作り方

windows xamppの古いバージョンをインストールしてあげるのが一番簡単。 …

centos_logo
Device eth0 does not seem to be present, delaying initialization

ifcfg-ethXXとかに設定されているMACアドレスが物理的なものと違うと発 …

centos_logo
【linux】cronのログ出力制御

標準出力、エラー出力を特定ログファイルに出す。 [crayon-588169ed …

027
【まとめ済み】configure make make-install の違い

以下の記事にまとめました。 http://www.fwoabw.info/ent …

lgi01a201309210900
Linux 立ち上がっているサービス 空いているポートを確認する。

■立ち上がっているサービスの状態確認 コマンド [crayon-588169ed …