For Want Of A Better Word

【Linux】【Postfix】メモ

   

送信したのに届かない。return-path等設定

・送信statusはsentなのに届かない。スパム扱いされている?return-pathがデフォルトとかだと、よく弾かれるので、下記設定。

 

・システムで送信したとき、送信元アドレスのドメインがうまくないときがあるので、その調整は下記。

 

最終的に、myoriginの値を変更できればよいが、

固定値でも良いし、$myhostname,$mydomainとかを設定してもよひ。

 

外部から送信できないとき

Postfix で 外部からメールを送信できないときにチェックすること | レンタルサーバー・自宅サーバー設定・構築のヒント
※iptableとかselinuxとかはoff済み

$vim main.cf

 

 - linux

  関連記事

centos_logo
【Linux】【CentOS】CentOS7のlsyncd rsyncの同期設定例

※lsync rsyncのインストールは割愛 ◆参考サイト http://ser …

027
oom-killerについて

oom-killerとは [参考]http://itpro.nikkeibp.c …

027
Linux(CentOS)でNTFS(windowsフォーマット)をマウントする

http://d.hatena.ne.jp/kiyotune/20110509/ …

027
windows7 Professional に windowXPモード と VirtualPCをインストール。

とりあえず windowsでLinuxの仮想環境を立てるため、お手軽そうなVir …

centos_logo
【Linuxサーバー】【logwatch】【ssh】への大量アクセスメモ

総当たりでログインしようとしているっぽいログがあったので、これがアタックのログだ …