For Want Of A Better Word

【Linux】TCP・UDPポートの疎通確認・アクセス元IPの確認をしたい(nc)

      2017/06/05

とある要件で自前のサーバーとUDPの疎通・アクセス元IPの確認をする必要が生じた。
tcpならtenlnet等で行けるようだが、udpはどうすれば….

 

というときに 「nc」  コマンドに遭遇。

 

特定ポート(tcp/udp)への疎通はもちろん、受信側も待ち受けすることが出来る。

これ一つあれば、ポートの疎通確認・アクセス元IP確認はOKという感じ。

CentOSならインストールは下記yumコマンドでOK

 

 

ncコマンドのテスト

1台のサーバーに二つのコンソールを開いて下記①と②をそれぞれ実行する。

①を実行した方に”This is a test”が出力される。

※UDPの場合はncコマンドに -uオプションを追加する。

 

本題:UDPのアクセス元IPアドレスの確認

今回やりたいテスト(UDP 1514の確認)のアクセス元IPを確認したい

①受信側で指定のポートをリッスンさせる

②送信側で下記で接続

受信側にメッセージが出力される。
③受信側のサーバー用にもう一つコンソールを立ち上げ、ntstat のudpを行をチェック(IP確認)

 

 

以上。便利。

【参考サイト】
nc – 使いたいときに必ず忘れる便利コマンド

 - linux

  関連記事

【Linux】【CentOS】CentOS7のlsyncd rsyncの同期設定例

※lsync rsyncのインストールは割愛 ◆参考サイト http://ser …

【Linux】CentOS7が起動しない… “Failed to load SELinux policy. Freezing”

Selinuxの設定ミスでOSが起動しなくなるという悪夢… &nbs …

NATとIPマスカレードとポートフォワーディングの意味整理

NATとは プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスを変換する。プライベ …

【インフラ】Docker調査①

調査メモ…     Contents1 Dock …

【Linux】英語キーボードで「:」(コロン) と 「=」(イコール)

centosの仮想環境を使っていると、キーボードの入力が英語になっていて、vim …