For Want Of A Better Word

【Linux】【CentOS7】CentOS7と6で変わったコマンドメモ

      2015/05/21

いれたらびっくりした。ネットワークまわりと、サービス起動まわりが変わっちゃってんだもん。
構築時はそこらへん中心に触るから、ショック!
ということでメモ。

 

ネットワークまわり

NICの設定ファイル「/etc/sysconfig/network-script/ifcfg-eth0」の名前が変わっている。しかも一定じゃないらしい。

私は「ifcfg-ens32」でした。

名前の確認方法は、存在するファイルを確認するか、「nmcli d」下記コマンドで表示されるデバイスか接続で確認できる。

以上。

 

ネットワークまわりのコマンドは「nmcli」に集約されている

  • IP設定の確認(ifconfig)⇒「nmcli d show
  • nicの起動 ⇒「nmcli  c up  nic名」
  • nicの停止 ⇒「nmcli  c down  nic名」
  • 設定変更の反映⇒「nmcli  c reload nic名」して「nmcli  c up  nic名」

 

(追記)ifconfigはこっちの方が正解っぽい。

net-tools iproute2
ifconfig ip a(addr), ip l(link)
route ip r(route)
netstat ss
netstat -i ip -s l(link)
arp ip n(neighbor)

 

 

サービス/デーモンまわり

/etc/init.d/じゃなくなった!

systemctl (start stop restart state) サービス名

例えばhttpdだと

 

なんだよsystemctlってうちずらいなぁ。。。。きー!!なれだろうなぁ。。

 

自動起動設定もこいつを使う

 

 

他おまけ

selinuxは相変わらずいる。さっさと無効化。

iptable⇒の代わりにfirewalldというデーモンが入った。

 

 

 - centos, linux

  関連記事

【linux】topコマンドのロードアベレージ 3つの意味

左から過去1分間、5分間、15分間のロードアベレージ。   たまに忘れ …

lsofの使い方 プロセス_ポート番号の調査

プロセスが利用中のファイルを調べる- ポートを使用しているプロセスを調べる。 h …

【Linux】【CentOS7】インストールからLAMP(apache,mariadb(mysql),php)とその他もろもろインストール

とりあえずPHPでのWEB-DBサーバーの初期設定をまとめ。 インストールは基本 …

CentOSを入れて、KVMをインストールしようとしたら 32bitには入らない!!!!

この衝撃! インストールのパッケージで、仮想化を選んでもkvm自体が出てこない。 …

【Linux】ファイル削除・リネームを許可するパーミッション設定

凄いいまさらだけど、調べた。 そいつが居るディレクトリの権限だそうだ。 どこか曖 …