For Want Of A Better Word

Monacaで作成したiOSアプリのビルドとか、証明書とか、プロビジョニングとか まとめ

      2015/04/19

凄いごちゃごちゃして面倒くさかったのでまとめ。
monacaのドキュメントもあるので、引用しつつ、注釈していく。
http://docs.monaca.mobi/ja/manual/build/ios/build_ios/

ビルドの種類

まずビルドっていうのは、「実機にアプリをインストールする」ということ。
テスト用ビルドとして2種類。本番リリース(AppStoreへ登録)として1種類ある。
それぞれ、「プロビジョニングプロファイル」が必要となる。

デバッグビルド
  • ローカルのitunes経由でケーブルでつないだ実機にインストールする方法。
  • ipaファイル(アプリのファイル)をローカルに作成して、itunesのappにドラッグアンドドロップで登録。そこからさらに端末にインストール。
  • 必要なファイル
    • デベロッパー証明書 ①
    • Development Provisioningプロファイル②
テストビルド(アドホック)
  • Ad Hoc形式で開発端末にインストールするアプリをビルドします。
  • 必要なファイル
    • ディストリビューション証明書③
    • ディストリビューション(Ad Hoc)プロビジョニングプロファイル④
リリースビルド
  • App Storeに提出するためのビルド
  • 必要なファイル
    • ディストリビューション証明書③(テストビルドと同じ)
    • ディストリビューション(App Store)プロビジョニングプロファイル⑤
ビルドの使い分け(課題)

テスト用に実機にインストールするならば、デバッグビルドかテストビルドのどちらかでOK。
本公開のときはリリースビルド。

では、デバッグビルドとテストビルドをどう使い分けるかとなると、ここがちと怪しい…
とりあえずは、「端末がインターネットに接続できるかどうか」で判断すればOKかなと。

出て来たビルド用ファイル
  • デベロッパー証明書 ①
  • Development Provisioningプロファイル②
  • ディストリビューション証明書③
  • ディストリビューション(Ad Hoc)プロビジョニングプロファイル④
  • ディストリビューション(App Store)プロビジョニングプロファイル⑤※

各ビルドで5つのファイルが登場する。これらを取得するのがまた面倒くさい。
Apple developer Centerで取得するのだけれど、今後、各ファイルの取得方法をまとめる。
※リリースビルドはまだ実施してないので、⑤はそのうち。

 - 未分類

  関連記事

no image
(インストール)

http://homepage3.nifty.com/renoiv/php/ph …

no image
[その他][用語]ソフト- プログラム – アプリの違い

ソフトウェアとはコンピュータを動作させる手順・命令をコンピュータが理解できる形式 …

no image
OnsenUI ①

【ホームの超訳】http://www.onsenui.io/ Onsen UI …

no image
Symfony2をつかってみる おまけ1

ここまででちょっと検証 今は、ドキュメントルート内に、Synfonyを配置したけ …

no image
Android センサーの利用

目的 各センサーを利用してみたい。 参考 http://www.adakoda. …