For Want Of A Better Word

OnsenUi ② minimumサンプルの中身確認

      2015/04/19

サンプル①minimum

  • index.html (body以外のhtml部分を記述。bodyで別HTMLを読み込む。(ここでは共通ナビゲーション部品))

  • home_navigator.html (共通ナビゲーション部品。全画面共通のナビゲーション部品を定義し、1ページ目を読み込む。)

  • page1.html

  • page2.html

※ons-screen はOnsenUiのルート要素で、html bodyタグの中に書くものらしい。
【参考】http://www.onsenui.io/docs/
pageでhtmlファイルを指定することでそれを表示する。
基本的に遷移はこのons-screenの範囲内で行われる?

※ons-navigator 各画面で上に表示される共通部品。(ページ毎に書けば、ページ毎に変更することも可能)
pushPage()でスタックされたページに自動で戻ることが出来る。
「>」(進む)を表示したい場合は、….

ちょっと、概要はわかってきたかな。。

 - 未分類

  関連記事

no image
【git】メモ

    参考サイト Gitを使ったバージョン管理【Gitの基 …

no image
印刷ボタンの設置方法

Web&Peace http://bost.bostudio.co.j …

no image
Symfony2をつかってみる③ URLとcontrolerとViewの関係

Symfony2の出だしがなんかわかった。 前提 ①Symfonyで開発する場合 …

no image
CSRF(クロスサイトリクエストフォージェリー)

Webサイトにスクリプトや自動転送(HTTPリダイレクト)を仕込むことによって、 …

no image
DAO(プログラミングの問題)

Data Access Object(DAO)とは、ある種のデータベースや永続性 …