For Want Of A Better Word

Amazon EC2を使う!! すげーと思う。

      2015/04/19

うおー俺のサイトを作るぞ。ということで、amazonEC2でWEBサーバーをたてて、独自ドメインで公開するところまでをやったのでまとめ。
基本は勢いです。悩んでとまるぐらいなら、進めてしまったほうがよいというスタンス。

①AWSのアカウント作成
省略

インスタンスの新規作成

  • AWSの管理コンソールから、Services > EC を選択してECの管理コンソールに移動します。(※1)
  • サイドメニューの[Instance]を選択して「Launch Instance」を選択。
  • ナビゲーションに従い、ほいほい進めちゃいましょう。最後までやれば、あら不思議もうサーバーが出来ている。
  • sshでログインするためには、22番ポートが httpでアクセスするためには80番ポートが開いている必要がありますので、Instanceに適用してSecurityGroupでポートの開閉を確認します。

サイドメニューから「Security Groups」を選択して、一覧から先に設定したものを選んで、画面下のInboundでhttpとsshを選択して追加してあげればOK。アクセス元IPを絞りたいならここでsourceに設定しましょう。

  • sshの鍵ファイルも途中でもらえるので、これはローカルにしっかり保存して起きましょう。

puttyを使う場合は、鍵の変換が必要なので注意。下記参照。
http://sakura.fairies.jp/archives/15578

  • これで、ログインできるよ。yumでもなんでも出来るよ!!やった!

とりあえず、apachemysqlPHP はささっとyumでいれたった。
念のためbasic認証もかけてと。

③Elastic IPの設定

  • ②までの段階だとIPが固定でなく、インスタンスを再起動とかしたら変わってしまうらしい。これではドメインを振れない。そのためElastic IPを振る。
  • 再度メニューのElastic IPから allocateしてIPもらい、インスタンスを選択してassociateすればOK。

やったね、固定だよ。

④ドメインの取得と、設定。

  • ここからはamazonとちょっと離れます。私の場合は、お名前.comでドメイン取得しました。

適当なので、一番安いやつを1年分購入。ここら辺はお名前.comのガイダンスに従えば簡単に変えます。
名前は自分の好きなやつで。

  • したら、お名前.comのDNS設定でElasticIPにドメインを設定すればOK。下記が詳しいです。ありがとう。

http://www.studio-fix.com/blog/kaoru/2009/04/09/post162/

  • これで、しばらくまったら、自分のインスタンスにWEBブラウザでもSSHでもアクセスすればつながるよ。やった、自分のモノってなんかうれしいよね!さー、あとはいつも自分でやっているとおり、HTMLなりPHPなりつくってアップしてあげよう。!!

※1Amazonはサービスがいっぱいあるので、なにを選べばよいか良くわからなくなりますが、自分のサーバー立てたい。っていうことなら、EC2で大丈夫です。他はやりたいことが出来てから調べるスタンスで。

ちなみに料金はデフォルトが
スモール(デフォルト) $0.060 1 時間あたり
一日つけっぱなしで1.44ドル
30日で43.2ドル。
あれ?意外と高い!前払いだと一年61ドル。安い。 →本運用するなら、こっちですねぇ。

 - apache, db, mysql

  関連記事

027
SSL、サーバー証明書、クライアント証明書 まとめ

なんかごちゃごちゃしてきたので整理。 ・SSL ・サーバー証明書 ・クライアント …

027
InnoDBの設定確認

デフォルト設定の確認 show engines; テーブルごとの設定変更 alt …

027
【httpd】restartとgracegul

【Linux】httpdの再起動 【Linux】ht …

apache-logo
Xamppでのphp設定時の注意点/php.iniファイルの場所

xamppで一生懸命php.iniの設定変更をして、エラーログを出力しようとした …

lgi01a201309210900
Linux 立ち上がっているサービス 空いているポートを確認する。

■立ち上がっているサービスの状態確認 コマンド [crayon-58feed51 …