For Want Of A Better Word

ルーター & スイッチ メモ

      2015/04/19

【参考】絶対わかるルーター&スイッチ超入門(2005)

そもそもルーターとは?

  • 現在は機器のバリエーションが豊富でルーター機能を持っていても、ルーターと名乗らない場合がある。(ex.L3スイッチはルーター * VLAN機能)
ルーターが備えている機能
  1. 接続:異なるインターフェースのネットワークを接続する。たとえば、社内ネットワークとWAN回線の接続。(これがローカルスイッチやリピータハブと最も異なる所。)
  2. 転送:IPパケット情報を読み取り、どこに転送するのかを決める。この速度がルーターの性能と考えればよい。経路表を自身で持っているので、その検索速度がメイン。
  3. 選別
  4. 管理
VLANとは
  • 社内ネットを分割するための機能。L3スイッチ等に搭載。スイッチに接続されたコンピュータを接続ポート単位などで、複数のグループ(IPのセグメント)に分ける機能。
  • VLAN以前は分割・グルーピングはローカルルーターにて行われていた。1グループ毎に1ローカルルーターを持たせていたが、簡易に設定ができるVLANが普及。
なぜグルーピングが必要?
  • IPアドレスでの管理容易性。
  • ブロードキャストフレームによる負荷を現象させる。
    • ブロードキャストフレームとは、自分のアドレスをネットワークの他の端末に知らせるために送信される特殊なフレーム。同一ネットワークの全macアドレスに送付される。VLANでこの単位を限定することが可能。

 - 未分類

  関連記事

no image
rsyncのテスト実行オプション

n, –dry-run 実行時の動作だけを表示 便利そう。

no image
HTMLコントロールとWEBサーバコントロールの使い分け。

HTMLありきで作る場合は、HTMLコントロールで、HTMLタグをASP化すると …

no image
メモ_レコメンドエンジン_cicindela

cicindela2 – a highly customizable …

no image
[windows][office]游ゴシックを使わない…

游ゴシックがへなへなで気に入らない。なので使わないようにしたい。 excelとか …

no image
java.文字列操作コマンドの引数の特徴

・SUBSTRとREPLACE(start, end ):startはインデック …