For Want Of A Better Word

Vmware Player5.0でNat + ポートフォワードで外部から接続可能にする。

      2015/04/19

  • 最初はwindowsに仮想サーバーを立てたかっただけ。
  • windowsVirtulPCで、Cent5系は問題なく構築できたが、Cent6系がどうしてもインストール中エラーで止まる。そこで、ここはやはりvmwareを使おうと考えた。
  • いつもはvmwareServerを使っていたが、ダウンロードページにいったら、「もうサポートしないよ、vmwarePlayerかVMware vSphere Hypervisorをつかって」とのことだった。
  • VMware vSphere HypervisorはWindowsアプリケーション上で動くものじゃなさそうなので面倒くさそう。
  • ということでvmwarePlayerを導入。
  • 仮想OSの構築は簡単。
    • なにやらISOを設定したら、簡易インストールというものが走ってどしどしインストールが進む。(簡易じゃない方がうれしいんだけど、それはどうやるんだろう??)
      • ⇒(追記)簡易を実行しない。「後で云々」をチェックしてディスクを起動すればOK。

ネットワークの初期設定

  • で、いざ構築されたらネットワークはnatで構築されて、勝手にIPが降られていました。外部接続(yum更新)も問題ない状態で構築される。
  • iptableは有効になっていたので、止めて。
  • Selinuxは無効化。
  • ※ちなみに、wiondwsの方にはイーサネットアダプタとして「VMware Network Adapter VMnet1」「VMware Network Adapter VMnet8」が自動で追加されている。

NATは「VMware Network Adapter VMnet8」のネットワークのIPが降られている。

ポートフォワーディングの設定

  • vmwareServerではできたけど、vmwarePlayerではデフォルトではできなさそうな、ポートフォワーディング。
  • 調べたら、昔のvmwarePlayerについては、「vmnetcfg.exe」というのがついていて、これを実行すればポートフォワーディングの設定ができるようになるらしい。(vmwareServerのネットワーク)
  • vmnetcfg.exeを取得するにはどうしたらよいかというと下記ページ参照。コマンドの意味はあんまりわからないけど、インストーラーに同梱されているcabファイルを取得して、その中の「vmnetcfg.exe」を取得しているっぽい。

【参考URL】 http://d.hatena.ne.jp/Kshi_Kshi/20110423/1303578212

無事ネットワークエディタが開いたので、OK。
ポートフォワーディングもうまくいきました。

NATのポートフォワーディング設定は下記が参考になるかと。

VMware の NAT 接続設定 | KUNPOO

 - centos, linux, インフラ, 仮想サーバー

  関連記事

【Linux】英語キーボードで「:」(コロン) と 「=」(イコール)

centosの仮想環境を使っていると、キーボードの入力が英語になっていて、vim …

【Linuxサーバー】【logwatch】【ssh】への大量アクセスメモ

総当たりでログインしようとしているっぽいログがあったので、これがアタックのログだ …

NATとIPマスカレードとポートフォワーディングの意味整理

NATとは プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスを変換する。プライベ …

sendmailエラー dsn=4.4.3, stat=queued

CentOS sendmailでとあるアプリケーションからメール送信をしたときに …

【Linux】【CentOS】CentOS7のlsyncd rsyncの同期設定例

※lsync rsyncのインストールは割愛 ◆参考サイト http://ser …