For Want Of A Better Word

GAメモ_ディメンションとか、指標とか、アドバンスドセグメントとか 違い

      2015/04/19

■ディメンションとは

    • 集計結果の1要素の単位で表現するか。1要素を何で区切るのか。(プライマリキーと考えればいいね。)

例えば、ホスト名で区切るのか。アクセス先のページで区切るのかということ。
その単位毎に「指標(metrix)」を計算する。
セカンダリーディメンションを追加することもできる。それは、二つ目のプライマリーキーを足していると考えればOK。

    • 例えば、地域やアクセス先コンテンツ、リファラー、アクセス元索エンジン、ブラウザなど様々。

■フィルタ

    • フィルタは2種類ある。レポートテーブル単位のフィルタとプロファイルのフィルタ。
      • プロファイルのフィルタはそのデータしか取得しませんよということ。

取得データ自体に影響がある。
管理>profiles>Filtersから設定できる。

      • レポートのフィルタはディメンションに応じて表示されるテーブルに対して、SQLクエリーを設定する見たいな感じ。

取得データには影響しない。

■アドバンスフィルター

      • レポートテーブルにちょこっとある[advanced]から設定できる。
      • フィルタリングに細かい条件が指定できますよというもの。

■アドバンスセグメント

    • 分析対象のセッションデータを絞り込むことができる。
      • プロファイル全体のレポート解析対象の条件を指定する。
      • プロファイルで集積したデータ(セッション情報)に対し、通常は条件を付けず全て解析し、レポートを作成する。

アドバンスセグメントを利用することにより、データを破棄せず、対象セッションの条件付け(フィルタリング)が可能になる。
(※ここでフィルタリングというと、また混乱するが、GAのフィルタはレポートとhitに対して、)

      • セグメントは同時に4つまで設定可能

⇒そうすると、あらゆるレポートでディメンション毎に各セグメントの値をテーブルレポートに出してくれる。

      • 管理画面からも、各レポート画面からもアドバンスドセグメントの作成が可能。

管理から削除もできるし、各レポートからは作成と適用のみ。
1レポートで適用したら、他のレポートにもそれは適用される。(※)

※フィルタ、アドバンスセグメントそれぞれで正規表現の利用が可能。

 - googleanalytics, 違い

  関連記事

Zenbackの効果について

使ってみた感想。アクセスだいぶ減っている印象。 自然検索流入がだいぶ減り、zen …

SEO_メモ_WEB担当フォーラム「SEOのエキスパート5人にいろいろ聞いてみた 2014」

タイトルに釣られて読んだ。気になった所メモ。 「SEOのエキスパート5人にいろい …

アドテクまわりの用語

素人ながら「アドテクノロジープロフェッショナル養成講座」という本を読んでいて、用 …

SSL・サーバー証明書・クライアント証明書の整理

なんかごちゃごちゃしてきたので整理。 ・SSL ・サーバー証明書 ・クライアント …

Google Developerコンソール プロジェクトの削除

プロジェクトを選択して左下 課金と設定(Billing & Setti …