For Want Of A Better Word

NATとIPマスカレードとポートフォワーディングの意味整理

      2017/06/05

NATとは

プライベートIPアドレスグローバルIPアドレスを変換する。プライベートIPを隠した状態で、インターネットに接続できる

  • ①静的NAT
    • プライベートとグローバルを一対一で変換する。
  • ②動的NAT
    • プライベートとグローバルを多対一で変換する。複数のプライベートIPが同一のグローバルIPに変換される場合、これは同時に外部接続できない。

IPマスカレードとは

http://safe-linux.homeip.net/network/Gateway_Server-03.html

NATではIPアドレスのみ変換していたが、加えてポート番号の識別ができる。IPアドレス+ポート番号で変換ができる。

  • ②動的IPマスカレード
    • 内部の端末が同一の宛先にリクエストしたときに、端末に応じて「一つのグローバルIP」と「空きポート」を設定し、固有の変換レコードとする。
    • ポートが相手さえいれば、1グローバルIPで複数のプライベートIPがインターネットに接続できる。
    • 外部からは、ホストが特定できないため、接続できない。

ex 192.168.0.2:80から→212.11.1.1:80のリクエスト
ルータで 送信元:192.168.0.2:80と「GIP+空きポート」で記録し、212.11.1.1:80にリクエストする。戻りは「GIP+空きポート」で受け取り、紐づいた192.168.0.2:80に返す。

ポートフォワーディング=静的IPマスカレード

 - linux, インフラ, ネットワーク

  関連記事

メールサーバーとMTAの違い

メール転送エージェント – Wikipedia メール配送エージェン …

Vmware Player5.0でNat + ポートフォワードで外部から接続可能にする。

最初はwindowsに仮想サーバーを立てたかっただけ。 windowsVirtu …

mod_rewriteのテストメモ

参考サイト http://blog.dawgsdk.org/weblog/arc …

[インフラ][vmware]cent redhat 7系 HDD容量追加作業

手順はほぼここでOKでした VMwareのゲストOS(CentOS6.4)のディ …

centos swap領域の増設

やたらメモリ不足に陥るサーバーがあるので、メモリ増設に加えて一応swapも追加す …