For Want Of A Better Word

Robocopyのログの意味

      2017/06/05

[参考]

  • extraは削除対象(元にはなくて、先にはある。)
  • Skippedは変わってない奴。無視しました、という宣言。
  • Copied が上書きした奴。
  • Mimatch→ 転送元ではファイルだけど 転送先ではディレクトリとか(またはその逆)
  • failed → リトライ上限内で、処理し切れなかった奴。

なので、うまくいったかどうかは

mismatchとfailedの数を参照することで確認できる。

 - インフラ

  関連記事

centos swap領域の増設

やたらメモリ不足に陥るサーバーがあるので、メモリ増設に加えて一応swapも追加す …

ハウジング・ホスティング・レンタル・VPS・クラウド違い

ハウジングサービス 顧客の通信機器や情報発信用のコンピュータ(サーバ)などを、自 …

CentOSをインストールしたときにいつも最初にやること(apache mysql phpのインストール)

SElinuxの無効化 iptableの無効化 apacheのインストール・自動 …

【インフラ】Docker調査①

調査メモ…     Contents1 Dock …

nagiosってなにができるんだっけ① 画面の見方 メニュー説明 自分メモ

nagiosのwebインターフェースで見られる情報っていったい何があるのっていう …